風邪で高熱が出てしまった時こそ食べたい果物はこれ!

ひとたび風邪を引いてしまうと、熱が出て、寝ているだけでも体力を消耗しますよね。
それに加え、食欲がわかない人も多いでしょう。
ですがそんな時こそ、しっかりと栄養を取るべきです。
風邪で高熱になった時、是非食べて欲しい果物には何があるのでしょうか?

風邪による高熱の時はある栄養が豊富な果物をチョイス!

風邪による高熱で苦しんでいる時は、果物の中でもビタミンやカリウムが豊富に含まれているものを選ぶようにしましょう。
ですが、どの果物が良いのか、急に思いつかないという人もいますよね。
代表的な果物としては、バナナやキウイフルーツ、みかん、パイナップルがあると覚えていて下さい。

ビタミンが含まれていそうな果物として、みかんやパイナップル、キウイフルーツは酸味のある味わいからイメージしやすいかもしれません。
これらは、よく水分補給として食べて欲しいと、言われることの多い果物になるでしょう。
しかし、バナナは酸味のイメージがありませんよね。
なぜ、高熱の時に良い果物としてチョイスされているのでしょうか?

その理由は、含まれているカリウムが上記の果物の中でもダントツだからです。
カリウムが豊富だと、一般的には利尿作用があり、熱をどんどん下げやすくしてくれる働きがありますから、熱を早めに抑えてくれるでしょう。
意外に思われる人もいると思いますが、バナナの力はすごいのです!

風邪で高熱でも食べやすい果物はコレ!

栄養面で風邪状態の時に優れている果物は何かというのは分かりましたが、1人暮らしのような場合だと、手軽に食べられるのが良いですよね。
体調が悪くても、簡単に食べられる物ならば、尚更バナナをオススメしたいと思います。
バナナなら、皮を手で剥くだけで食べられますから、ナイフ等を用意する手間暇はないでしょう。

他に紹介した果物になると、一度カットしたり、不要な個所を取り除いたりする必要が出てきますから、体力がない時に作業をするのはキツイですよね。
また、みかんも手軽ではありますが、あまり体調が良くない時に食べると胃腸にダメージを与えてしまうので、本当に体調が辛い時は避けるべきです。
従って、胃腸にも負担をかけないとなると、バナナが一番無難で食べやすい果物になるでしょう。

バナナには、果物の中でもこんなパワーがあるなんて驚きですね!

参考URL GROOMEN
(http://groomen.cheerup.jp/article/metabolic_syndrome_21)

まとめ

今回は、風邪で高熱の場合に食べて欲しい果物をご紹介しました。
ビタミンが多く含まれている柑橘類もベストですが、胃腸に優しく食べやすい果物となるとバナナがオススメです。
バナナなら、他の果物と違いお腹にも溜まりますから、あまりご飯が進まない時の食事としても有効でしょう。
日頃スーパーで見る機会が多い果物ですが、体が辛い時は負担にならないような物を選ぶようにして下さい。