桃と花粉症の関係~アレルギー症状が出るってホント?~

みなさんの中には、何かしらのアレルギー症状で悩んでいる人もいるでしょう。
発症するきっかけは、食べ物や花粉、埃など、様々な要素が挙げられますよね。
実は桃もアレルギーが発生しやすい果物として有名なのですが、これが花粉症とも関連があるって知っていますか?
その関連性や症状について、詳しく見ていきましょう。

桃を食べた時の違和感~アレルギー症状と花粉症~

みなさんは桃を食べた時、「なんだか口や喉、肌に違和感があるな…」という経験をしたことはありますか?
これは、桃を食べた際に現れるアレルギー症状になります。
例えば、喉がイガイガする、かゆみや腫れが見られるような場合は、体が拒否反応を起こしていると考えられます。

世の中には多様なアレルギーがありますが、桃でもなってしまうのかと不思議に思いますよね。
そして、驚くのはこれだけではありません。
実は花粉症になっている人の方が、桃アレルギーを発症しやすい傾向にあることが分かっているのです。
一見すると、花粉と果物、関係性が無いように感じますよね。

そもそも、花粉症と果物のアレルゲン構造はとてもよく似ているそうで、桃を食べたとしても体が花粉だと間違って反応してしまうそうです。
桃が好きな人からすると、迷惑な話ですよね。
このような事情から、花粉症の人ほどアレルギー症状が起こりやすいと言われていますので、違和感がある時は注意して下さい。

桃の摂取に注意するべきポイント~アレルギー症状は花粉の種類に左右される~

ところで、花粉症と言っても、反応してしまう花粉の種類はたくさんありますよね。
そのため、全ての花粉に対して桃がNG食品になる、アレルギーのきっかけになるとは限らないのです。
桃が反応してしまう花粉の種類は、カバノキ科のシラカンバやオオバシャブシ、ハンノキになりますから、代表的なスギ花粉の対象にはなりません。

そのため、発症してしまうかどうかは、みなさんが反応してしまう花粉の種類次第だと言えるでしょう。
もちろん、花粉症でない人でも、桃を食べたことによって突然症状が出てしまう人もいますから、全ての人に共通して言える話ではないですよね。

小さい子どもがいる親御さんの場合は特に、そんな症状が出てしまうのかと、不安になるでしょう。
その時は、事前に病院で検査してもらうか、実際に食べる前に舌にのせてみて、違和感がないかどうかを確認してあげて下さい。
人によっては、深刻な症状が出てしまう可能性もありますから、ちょっとした違和感がある時はきちんと検査をしてもらいましょう。

参考URL eo健康
(https://eonet.jp/health/healthcare/health92.html)

まとめ

このように、花粉症の人は桃を食べた際、アレルギー症状が出る可能性があるのですね。
中には、桃以外にもりんご等、果物や野菜でも反応が起こってしまう人がいます。
アレルギーの可能性が少しでもあるならば、なるべく発症する可能性の高い食べ物を避けるようにしましょう。
最初は軽度の症状であっても、重症化してしまう場合もありますから、世代を問わずに注意したいですね。
不安な人は病院を受診し、晴れて桃を楽しみましょう!