りんごのコンポートの日持ちはどれくらい?

甘くて美味しいりんごのコンポート。たくさん作って保存しておけば、いつでもステキなデザートとして楽しめますよね。
さて、まとめて作ったりんごのコンポートは、どのくらい日持ちするのでしょう。

りんごのコンポートの作り方

まずは基本のコンポートの作り方を紹介します。

◦材料
りんご…2つ
水…600cc
グラニュー糖…150g
レモン汁…大さじ1
シナモン…適量

◦作り方
①りんごはよく洗い、水気を切ります。4等分〜6等分して、皮と芯を取り除きます。(皮つきのままでもOK)
②鍋にグラニュー糖と水を入れ、火にかけます。
沸騰したらりんご・レモン汁・シナモンを入れ、落し蓋をして弱火で煮ます。
③20分ほど煮て、りんごが透き通ったら火を止めて冷ませば完成です。

りんごをコンポートにしたら日持ちする?

りんごのコンポートを冷蔵庫で保存する場合の日持ちは、1週間ほどです。
生のままで保存する場合は、冷蔵庫なら1ヶ月ほど日持ちしますので、コンポートにした方が短くなってしまいます。
では、冷凍庫で保存する場合はどうでしょう?りんごのコンポートの日持ちは、冷凍庫なら1ヶ月ほどになります。
生のままで冷凍保存する場合も、同じく1ヶ月ほどです。
りんごを加熱したからといって、日持ちがするわけではないのです。
ですから、コンポートにするのは1週間、又は1カ月で食べきれる量にしておきましょう。

コンポートのアレンジ

りんごのコンポートをたくさん作ったら、アップルパイやパウンドケーキにアレンジするのもお勧めです。
アップルパイは冷凍のパイシートを使えば、とっても簡単に出来ちゃうんです!作り方を紹介しましょう。

◦材料
冷凍パイシート…2枚
りんご2つ分で作ったコンポート
溶き卵…適量

◦作り方
①オーブンを230℃に予熱しておきます。
②冷凍パイシート1枚を6等分し、クッキングシートを敷いた天板に並べます。
③もう1枚のパイシートも6等分し、3本の切り込みをそれぞれ入れます。
④天板に並べたパイシートの上に、コンポートを6分の1ずつ並べ、切り込みを入れたパイシートを上にのせます。
⑤パイシートの表面に溶き卵を塗り、230℃のオーブンで15分ほど焼けば完成です。

焼きたてを食べたら、手が止まらなくなること間違いなしの美味しさです。

簡単で美味しいりんごのコンポートは、日持ちしなくてもすぐなくなってしまうはずです!そのままでもアレンジしても、どちらでも美味しいので、ぜひ作ってみてください。