新高梨の保存期間別レシピを紹介!

梨は、保存さえしっかりと行っていれば長期保存がしやすいフルーツになります。
しかし、いくら保存期間が長いといっても、やがて傷んでしまいますよね。
何か、保存期間ごとに向いている梨のレシピはあるのでしょうか?
今回は、新高梨の保存期間別レシピを、ご紹介したいと思います!

新高梨の保存期間が短期間の場合に試したいレシピとは?

新高梨の保存期間が比較的短期間の場合は、まだ果肉が柔らかすぎない時期になっています。
そのため、この時に向いているレシピは、果肉の食感が活かせるようなものになるでしょう。
例えば、以下のようなレシピを紹介しちゃいます。

・キュウリと梨のゴマ酢和え

<材料(2人分)>
・きゅうり…1/2本
・塩…少々
・梨…1/2個
〇ゴマ酢の材料
・すり白ごま…大さじ1.5
・しょうゆ…小さじ1~1.5
・作り置き甘酢…大さじ1.5

<作り方>
①きゅうりを薄い輪切りにカットし、塩少々で揉んでおく。
水気を出すために5分おいた後、サッと水洗いをし、水気をしっかりと搾り取っておく。
②梨は、縦に2~3のくし切りにし、芯を取り、皮を剥いておく。
③ボウルにゴマ酢の材料を混ぜ合わせて、きゅうり、梨を混ぜ合わせて完成。

甘い梨ときゅうり、そして酢というのは、イメージできない組み合わせですよね。
保存期間が短期間の場合は、そのまま果肉を食べることが多いですが、おかずとしても食べることができます。
ちょっとしたおかずとして、簡単にできちゃうところが嬉しいポイントです!
スイーツとしてだけでなく、主食に取り入れるようにすると、たくさん量があってもどんどん食べ進めることができるでしょう。

参照URLはコチラ↓
(https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/6b57f19a7ea019bad3035d1c9a7069b2.html)

新高梨の保存期間が長期間の場合に試したいレシピとは?

次に、新高梨の保存期間が長期間になった場合に試したいレシピをご紹介しましょう。
ここで注意したいのは、梨の果肉の状態!
いくら丁寧に保存をしていたとしても、時間が経つにつれどんどん劣化が進んでしまいますよね。
特に、食べ進めていった最後の方となると、果肉の硬さも柔らかくなってしまっていることがあるでしょう。

柔らかくなった新高梨は甘味を感じる一方で、もしかすると食感的に苦手だという人がいるかもしれません。
このような状態を回避するためには、早い段階で加工してしまうことをオススメします!
その時に活用できるレシピは、コンポートやジャムです。

コンポートやジャムの場合は、冷蔵保存で約3週間長持ちしますから、すぐに食べきらなくても良いですよね。
また、どちらも冷凍保存が可能になりますから、冷凍した場合は約1か月保存ができると思って下さい。

まとめ

今回は、新高梨の保存期間別レシピについて、ご紹介しました。
保存期間が短期間の場合は、できるだけ生の果肉が活かせるレシピを紹介しましたが、フルーツソースとして加工しても良いでしょう。
新鮮に食べられる時期は、なるべく本来の味が味わえるような食べ方がベストです。
一方で、長期間の保存が必要な時は、加工することで通常時よりも長く持ちますので、みなさんも是非試してみて下さいね!