みかんを長期保存したい!~知って得する冷凍みかんの作り方~

冬になると大量に出回るみかん。
ご贈答品として頂いたみかんを冷凍する人も多いのではないでしょうか。
みかんを長期保存するのに冷凍という方法を取るのは良い事です。
でも、みかんをそのまま冷凍してはおいしさが減ってしまうのです!
本記事では、みかんをおいしく食べられる冷凍方法について、詳しくご紹介します。

みかんを冷凍する良い方法とは

まずは、皮ごとみかんを冷凍する方法について見ていきましょう。
次のような手順でみかんを冷凍してください。

① みかんを洗い、水気を拭き取ります
② トレーにラップを敷き、その上にみかんを置いて冷凍庫に入れます
③ みかんがしっかり凍ったら水にくぐらせます
④ 再びラップを敷いたトレーの上にみかんを置き、冷凍庫に入れます
⑤ しっかり冷凍したことを確認したら、冷凍保存袋やビニールに入れて保存します

なるほど、「2回凍らせること」にポイントがあるのですね!
皮をむくのが面倒なときや、皮を捨てるのがもったいない時に参考にしてみてください。
それでは、次にみかんの皮をむいた状態で冷凍する方法をご紹介します。

① みかんの皮をむき、筋を取ります
② ひと房ずつラップで包むか、丸ごと1個をラップで包みます
③ 冷凍庫で保存します

小さくしておくと食べやすいのでぜひ!
これでみかんの冷凍方法が分かりましたね。
しかし冷凍みかんをおいしく食べるには他の要素も必要なのです。

冷凍みかんをおいしく食べるには

冷凍みかんをおいしく食べるには、解凍方法が鍵を握っています。
いくつかの方法をご紹介しますので、チャレンジしてみてください!

・自然解凍
完全に溶かしてしまうと皮、実どちらも見た目や味が悪くなってしまいます。
自然解凍で皮が溶けたあたりに食べるのが良いでしょう。

・お湯を使う
自然解凍より早く溶かしたい場合はお湯を用いるのがおすすめです。
お湯なら5分程度、湯煎にかけるなら45秒程度を目安にして下さい。
お湯を用いる事で皮もむきやすくなりますよ。
いずれの方法にしても半解凍で食べるのが1番おいしいと言われています!

ヨーグルトに入れたり、アイスにしたり、スムージーにしたり…色々と発想の幅が広がる冷凍みかん。
みなさんも、自分好みにアレンジして食べてみてはいかがでしょうか。

参考URL:
https://macaro-ni.jp/55452

まとめ

今回は、みかんを冷凍する方法と解凍する方法について、詳しくご紹介しました。
少しの手間で、おいしくみかんが食べられる事が分かりましたね。
私もみかんを大量に頂いた時は、よく、冷凍しています。
みかん解凍後は、そのまま食べるのはもちろん、他の果物と合わせて食べてもおいしいですよ!

冷凍みかんは、ご家庭で手軽に長期保存できるマジックです。
ぜひみなさんも、今回ご紹介した方法を参考にチャレンジしてみてくださいね。