焼きみかんの驚くべき効能と作り方をわかりやすく解説!

皆さんは、みかんを食べる時、どのようにして食べていますか?
おそらく、ただ皮を剥いて食べている方がほとんどだと思います。
生で食べるみかんも、美味しいのですが、実はみかんを焼いて食べると栄養価がアップするのです!
今回は、焼きみかんの素晴らしい効能と、その作り方をわかりやすくご説明したいと思います。

焼きみかんの驚くべき効能

皆さんの中には、みかんを加熱すると、栄養が減ってしまうのではないかと思っている方もいるでしょう。
確かに、加熱する事で、栄養が減ってしまう食材もありますが、みかんは違います。
みかんは、加熱する事で、甘さがアップするだけでなく、栄養価も上がるのです!

では、具体的にどのような栄養効果があるのでしょうか。

まず、みかんに多く含まれるビタミンCは、免疫力を高めて風邪を予防する他にも、美肌効果やアンチエイジング効果が期待できます。
ビタミンCは熱に弱いのですが、焼きみかんは皮ごと焼く為、皮に守られて、実のビタミンCが失われる事はありません。
安心して下さいね!

みかんの皮に特に多く含まれる、βクリプトキサンチンは、発ガン抑制効果が高い栄養分です。
みかんを焼く事で、みかんの皮に含まれている栄養成分が、果実の部分にも浸透し、より高い栄養効果が得られるのです。

ここまで見ていくと、生で食べるのと比べ、焼きみかんの効能がいかに素晴らしいか、わかりますよね!
甘さも増しますし、試してみる価値があると思いますよ。

焼きみかんの効能を最大限活かす作り方

焼きみかんの素晴らしい効能を知ったら、作ってみたくなりますよね!
でも、焼きみかん作りを失敗すると、その効能を十分に得る事ができません。
そこで次に、焼きみかんの効能を最大限活かした作り方をご紹介しましょう。

焼きみかんの効能を活かす為に一番大事な事は、「皮ごと焼く」という事です。
皮ごと焼かなければ、みかんの皮に含まれる栄養分を活かせなくなってしまいます。
その為、焼きみかんを作る時は絶対に皮ごと焼いて下さいね。

作り方は、簡単!
まず、農薬が残留している可能性もあるので、お湯に一分ほど浸けます。
そして、トースターで5~10分焼くだけ!
簡単ですから是非、作ってみて下さいね。

まとめ

ここまで、焼きみかんの効能と、作り方をご紹介してきました。
みかんは焼く事によって、甘さが増すだけでなく、栄養価もアップするという事でした。
みかんを焼く事で皮の爽やかな香りも増し、リラックス効果も得られます。
焼きみかんは、その効能もさることながら、なにより、甘い味になるのは驚きです!
私も食べてみましたがとても美味しかったので、皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?